なんと、家族が協力的に!ジャーナリングの意外な効果

ジャーナリング

このブログでは、すい臓がん完治するまでの、知識と経験を共有していきます

こんにちは、チコです。

チコ

2022年5月4日の日記です。

昨日、発熱にプラスし、むくむく立ち込める「イライラの感情」があったこと

いらいら

そして、その気持ちを静めるため、ジャーナリング(紙とペンを使って感情を書き出すこと)

紙とペンで書く

をしたことを、下の日記ブログでお話ししました。

じつは、この後「私の気分がスッキリした」のはもちろん

意外なおもしろい効果があったのです!

それは、なんと家族の行動の変化・・

今日は、そのお話しをしたいと思います。


がん治療経過

2019年2月 告知 → 2019年3月 抗がん剤開始 → 2019年12月 手術 → 2020年1月 術後抗がん剤開始 → 2020年8月 経過観察開始

今月 2022年5月は、告知から3年3ヶ月、術後2年5ヶ月、無治療経過観察1年9ヶ月です

もくじ

ジャーナリングの本来の効果

ジャーナリング

ジャーナリングは、昨日お話ししたとおり、紙とペンで自分の感情を書き出すことです。

本来の期待されている効果として

  • 気分や感情を整える
  • ストレスを解消する
  • 免疫システムを改善する

などが言われています。

ところが今回、なんと、もう一つ意外なメリットを得ることができました。

意外なメリット、家族の協力を勝ちとる

ジャーナリング

ジャーナリングのメモを公開したことが功を奏した

それは、昨日ブログで公開したジャーナリングメモの中の「家族の態度」のこと。

※詳しくは、昨日の日記『発熱 + イライラ・・書く瞑想「ジャーナリング」で心を整える 』をご覧ください。

それを、家族が読み、自身の行動を振りかえり協力的になってくれたのです!

具体的には、昨日のメモの中に、「モヤモヤの原因」の一つとして

→ 心がモヤモヤする

なんでモヤモヤするの?

→ 家族が、私がやりたいこと(仕事関係)に協力してくれていない

のように書きました。

メモ

そう、このメモ。

昨日のブログの中で公開したこのメモが

家族の行動を促すきっかけを作ったのです。

昨日

昨日のこと・・

家族

じゃあ◯◯の会議をする?

ぼく、協力しますよー

※ ◯◯は、私がやっている、仕事や生き方についてなりたい将来像を描き、プランを立てる作業です

チコ

え、どしたの?急に・・

家族

・・・ブログ・・

家族協力のもと将来のプランを作ることは生きがいにつながる

zoomでビデオチャット

その後、わたしのやりたかった◯◯の会議を、Zoom(ビデオチャットツール)をつかい短時間でしたが出来ました。

わたしは身体がまだダルかったため、ベッドから参加(笑)

携帯でzoomに参加

家族は、自分の仕事部屋から。

同じ家の中にいるのに、あえて別の場所から会議に参加するって、新鮮。

病気になるまえ会社で働いていたときのことを思い出し、なんだか幸せな気分〜。

夢を描く

ジャーナリングの意外な効用「家族との良好なコミュニケーションを築く」。

皆さんもぜひ使ってみてください。(^_-)

気持ちは溜め込まないことが大切。ということで今日のジャーナリングメモ!

今日

やっぱり、気持ちは溜めこまないないで出していくと、良いことがありますねー。

ということで、今日のジャーナリングのメモ!

→ 心がモヤモヤする

なんでモヤモヤするの?

→ 夕飯にお刺身と低糖質ケーキが食べたいから

チコ

あれ、ちょっと違う方向へつかっちゃった・・?

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

いつも応援ありがとうございます ♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ