発熱 + イライラ・・書く瞑想「ジャーナリング」で心を整える

バランスが大切

このブログでは、すい臓がん完治するまでの、知識と経験を共有していきます

こんにちは、チコです。

チコ

2022年5月3日の日記です。

昨日に引き続き、熱があり、もうろうとしています。

病院に行こうかな?とも考えたけど、つらい割にはそこまで高熱ではないため

今日も自宅で安静にしていました。

でね、今日は発熱にプラス、イライラしている自分もいて・・・

チコ

ぬおーーーーー!

書く瞑想「ジャーナリング」を発動しました。


がん治療経過

2019年2月 告知 → 2019年3月 抗がん剤開始 → 2019年12月 手術 → 2020年1月 術後抗がん剤開始 → 2020年8月 経過観察開始

今月 2022年5月は、告知から3年3ヶ月、術後2年5ヶ月、無治療経過観察1年9ヶ月です

もくじ

熱 + イライラ、腸マッサージ「チネイザン」の好転反応?

病院のイメージ
チコ

それにしても、なんで熱が出てるのかな?

ぱっと思いつくものとして、先日受けた腸マッサージ「チネイザン」の好転反応・・?

そういえば、セラピストさんから

マッサージ後1週間ほどは、イライラや熱、泣きたくなる、などの反応があるかもしれません

もし起きても、デトックスの反応ですから心配しなくて大丈夫ですよー


というお話があったことを思い出しました。

であれば、仕方がないのか・ ・ ・

チコ

でも・・

でも、このイライラやモヤモヤをなんとかしたい!

書く瞑想「ジャーナリング」で気持ちをおちつける

太陽光のもと

と言うことで、書く瞑想「ジャーナリング」をすることに。

ジャーナリングとは

ジャーナリングでは、紙とペンをつかい一定時間ひたすら書き、その後、書いたものを振り返ります。

「書く瞑想」ともいわれ、ネガティブな気持ちを浄化したり、心の声を引き出したりするのに役立ちます。

心理学の世界で注目され、グーグルなど企業でも取り入れられている方法です。

チコ

1日の終わりに5分間行う、など習慣にしてもいいですが

私のように、心のざわつきを取りたいとき2~3分集中するなど、テキトーにやってもスッキリします

紙とペン

(※ 以下、わたしのメモのため、整理されていませんがご了承ください)

いま何にイライラしている?

→ 熱があってつらい
→ 心がモヤモヤする

なんでモヤモヤするの?

→ 術後からの回復のカーブが自分が期待しているものではない

→ 乳酸菌生成エキスでお腹の調子がようやく上向いてきたら今度は熱?! 意味わからん・・

→ 家族が、私がやりたいこと(仕事関係)に協力してくれていない
(↑これは完全に被害妄想だな・・やりたいことがあるなら自分の力でやる、周りのせいにしない!)
(↑ そもそも私は、がんになった時点で「最優先は自分の身体」と誓ったはずよね??)

→ ここ最近、先日のセラピストさん含め、複数の人たちから「あなたは、頑張り過ぎて生きてきた。いまはもっと休養が必要だ」
と言われてモヤモヤしている


なぜ、そんな風に言われるの?・・わたし、がんになってから、寝てばかりいる気がしますが・・・?

もっと休養が必要ってどういうことでしょう?

などなど、紙に書きなぐってみましました。

ふー、ちょっとスッキリ・・・

チコ

あとは・・

あとは、はよ熱下がれーーー!

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

いつも応援ありがとうございます ♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ