「がん」を乗り越えるために必要な客観視って?

サバイバー

このブログでは、すい臓がん完治するまでの、知識と経験を共有していきます

こんにちはチコです。

チコ

2022年4月14日の日記。

突然ですが・・自分の事となると「どうしたらいいか分からない!」と思う事はありませんか? (^^;)

ほかの人のことだと「きっと、こうしたら上手くいくのになー」と分かるのに・・・。

チコ

わたしはよくあります!

おいおい、自信をもって言うんじゃないわよ

じつは今日も、別のブログを書いていて「もう、どうしたらいいか分からないっ」と感じ・・

(↑ この話はまた別途)

今日のおやつ
今日のおやつは低糖質エクレア

そこで今日は、自分を客観視するのはむずかしい、でも病を乗りこえたり、上手く生きていくためには大切だよね

という話を書いていこうと思います。


がん治療経過

2019年2月 告知 → 2019年3月 抗がん剤開始 → 2019年12月 手術 → 2020年1月 術後抗がん剤開始 → 2020年8月 経過観察開始

今月 2022年4月は、告知から3年2ヶ月、術後2年4ヶ月、無治療経過観察1年8ヶ月です

日記を書いている途中

誰だって自分を客観視するのはむずかしい

客観視が難しいイメージ

よくメディアなどで「できる人は自分を客観視できる」という言葉を目にします。

でもこれって、本当にそうでしょうか?

私は、半分正解で半分間違いだと思います。

以前、企業のITガバナンス(企業のIT戦略の最適化)業務についていたとき

会社の役員、IT部長、監査室長たちと仕事をしていました。

そのとき知ったのです。

東大や京大出身の役員だろうが、グローバルに活躍するIT部長だろうが

自分たちのことを自ら客観視するのは難しいのだと。

ただ、彼らが素晴らしかった点は、その「客観視の難しさ」を認識し

謙虚な姿勢で部下の私からも意見を求める(部下を上手に利用する・・)

ことだったように思います。

「がん」を乗りこえるためには、客観視がたいせつ

客観視する人のイメージ

こんな風に、なかなか難しい客観視ですが、病を乗りこえていくための大切なことの一つ。

  • 自分自身のことや、いま起きていることを客観的にとらえる
  • こんな見かたもあるよね、あんな見かたもあるよね、とバラエティ豊かな視点をもつ
  • じゃあ今回はこういう視点から進めてみようと考える

といったように。

とはいえ最初に書いたように、人間は「自分のことになると分からない」という傾向にあるのも事実。

ましてや、大変な病をかかえていては、うまく客観視することはそんなに簡単ではないですよね。

客観視するために必要なこと

客観視するために必要なことを考える

でも、ここで

そう、客観視ってなかなか難しいのよ

「そうそう、客観視するって難しい」と頷きながら、自分の腹に落ちた人は

その時点で、大きな前進だと思うのです。

また、客観視がむずかしいとはいえ

下の3つのことを心に留めておくだけでも、だいぶ状況は変わります。

  1. 客観視のテクニックを意識
  2. テクニックを積極的に応用
  3. 客観視してくれる(※)を味方に

※ 家族、主治医、ソーシャルワーカー、患者相談センター、友達など

客観視が上手く使いこなせるようになると、きっと色んな物事がスムーズに進むようになるはず。

詳しくは、以下の俯瞰思考(ふかんしこう)の記事で書いています。

酸いも甘いも噛み分けた方たちにご覧いただいているブログで、私のような者が生意気な話をし恐縮ですが・・

チコ

よかったら、ぜひ客観視(俯瞰思考(ふかんしこう)テクニック )を意識してみてください

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ

いつも応援ありがとうございます ♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ